「むぎゃむぎゃ」の意味は?歌詞を考察。作詞作曲の柴田聡子って何者?

子育てを通して学んでいるコト

「むぎゃむぎゃ」はEテレ「おかあさんといっしょ」で流れる曲のタイトルです。

「むぎゅむぎゅ」ではありません。

私も一瞬見間違えましたが(^^;)

9月の『こんげつのうた』だそうなので、今月からはまた違う曲になるのかな?

なんだか毎日聞いているうちに気になってきたので、掘り下げたいと思いました。

まずは歌詞をフルでご紹介します。



「むぎゃむぎゃ」 歌詞は?

「むぎゃむぎゃ」 作詞・作曲:柴田聡子

ぶらんこしよう ぶらんこ
せーのっせーで はしりだす
でもやっぱり やっぱり やーめた

どんぐり おちばを どうぞ
やっぱりかえして おねがい
しゃぼんだま してるのはだれ

むーぎゃ むぎゃむぎゃ
こころが むぎゃむぎゃ
どうしてこんなに むぎゃむぎゃ
あのこも そうなのかな

おにぎりたべて すべりだい
ひとりで かけっこ かげふみ
ちらっと あのこのほうをみる
なにしてるのかな

ぎゅーわ ぎゅわぎゅわ
こころが ぎゅわぎゅわ
どうしてこんなに ぎゅわぎゅわ
いつか わかるのかな

やっぱり ぶらんこしようって
とおくから あのこがよんでる

「むぎゃむぎゃ」も気になりますが、2番には「ぎゅわぎゅわ」も出てきます。

なんだか耳に残るし、独特の表現ですよね。

この曲の動画はコチラ↓






「むぎゃむぎゃ」「ぎゅわぎゅわ」 の意味は?

この曲のアニメーションに出てくるのは小学校低学年くらいの女の子2人です。

この絵がまたシンプルで目を引くんですよね。

バックが白で、黒い線1本で顔が描かれているんです。(テレビ版の話です)

観ている方に、余計なことを考えさせないようにしているのかも・・・?

さて、歌詞から意味を考えてみます。

「ブランコしよう」ってお友達と一緒に公園に行くのだけれど、

「やっぱりやーめた」と、違うことをしたくなって。

ドングリと落ち葉を「どうぞ」って、お友達に渡そうと思ったけれど、

やっぱりあげたくなくなって。

今度はシャボン玉が飛んできた先が気になってしまう。

しばらく1人で遊んでいたけれど、

一緒に来たお友達が何をしているのか気になって見てみると・・・?



そんな心を表現した言葉みたいです。

色んなことに次々と興味が向いてしまう子供心ですかね。

好奇心には勝てないのだけれど、一緒に来たお友達のことも気になるし。

「あ、わたし自分のやりたいことばっかりやってる。あの子のことほったらかしだ・・・」

なのでしょうか?素直に「ごめんね」なのか、

いつものことで「またやっちゃった」なのか・・・

言葉にできない心の中の状態なんでしょうね。

大人だったら「モヤモヤ」と表現するところかもしれません。

いや、そんな簡単なものじゃないのかも。



「あのこもそうなのかな」と歌詞にありますが、

この子はお友達思いのとっても良い子ですよね(^^)

「いつかわかるのかな」ともあります。

まだ幼いのに自分の心の中を理解しようとしている、その姿勢が素晴らしいじゃないですか。

成長ってそういうことですよね。

考えるほどに深く感じてきました・・・

短い歌詞の中に、色んな意味を感じます。

作詞家さんってすごいですね。

こんな歌詞を書ける柴田聡子さんのことも気になってきませんか?



「むぎゃむぎゃ」 作詞作曲の柴田聡子って誰?

柴田聡子(しばたさとこ)さんは、1986年12月11日生まれ。現在34歳です。

「思ったより若い!」と思いませんか?

もっとご年配の方が書かれたのかと思っていた私は、とても意外に感じました。

出身は札幌市で、大学の恩師の言葉をきっかけに、2010年から活動を始められたそうです。

歌手活動・作詞作曲だけでなく、詩集やエッセイ・小説にもわたると書いてありました。

表現が得意だからこそ出来ることですね(^^)

なんと、NHKの『許さないという暴力について考えろ』というドラマに出演されたこともあるそうです。

これは『火花』で芥川賞を受賞された又吉直樹さん脚本のものでした。

話がそれるので、このへんで・・・(^^;)



柴田聡子さんのことを調べていると、インタビュー記事が出てきました。

彼女が歌詞を書く時の心構えが、とてもかっこいいのです!!

「油断しないように、心してかかっている」

のだそうです。

これも深すぎて凡人にはしっかりとは理解できないのですが・・・

曲の歌詞というのは、多くの人の目や耳に触れるものです。

そのアーティストのファンの人。逆に全く知らない人や、時にはアンチだっています。

曲というのは、音に乗せたメッセージですよね。

これを、万人に誤解のないように届けるというのは本当に難しいことだと思います。

もちろん作詞者本人は明確な意図があってその歌詞を書いているのだけれど、

それが全員に同じ意味で伝わるわけないですもんね。

「わかるぅ~」「イイ歌詞~!」「好き~♡」もあり。

「意味わかんない」「なんか気にいらない」「キラーイ」もあり。

おそらくですが、『世に出すからにはどんな意見が来ても仕方ない』的な?

彼女の覚悟が垣間見える言葉だと思いました。

こんなブログをやっているんだから、私も見習いたいところです。



今回初めましてだったのですが、色白でメガネっ子で、とても可愛らしい方でした!

歌声も聞かせて頂きましたが、見た目通りの可愛い声でした♡

↓例えばこんな感じ♪




 

Eテレつながりですと、こんな曲↓についても書いてます。良ければご覧下さい☆

ぼくんちとらかってる わーわーわーはじめてのウソってどんな歌?
Eテレをよく見られる方。 「みいつけた!」で最近流れるこの曲、気になりませんか? コッシ―の声(高橋茂雄さん)が歌っている所も、ふんいきがあって良い感じだなーと 個人的には思います。 (adsbygoogle = ...
はらぺこカマキリ作詞はカマキリ先生(香川照之)!歌詞は?あの曲に似てる?
おかあさんといっしょで流れる「はらぺこカマキリ」という曲、可愛いですよね。 2019年の6月の歌だったそうです。 タイトル画面をよく見ると、作詞はカマキリ先生と書いてあります。 同じくEテレの『香川照之の昆虫すごいぜ!』を...
おかあさんといっしょ・すってんすっくの歌詞と意味。はらぺこカマキリに激似?
またまたEテレ「おかあさんといっしょ」の曲なのですが、なんだか耳につくので調べてみました。 聴くと元気が出るタイプの曲ですよね。 2020年の5月に「こんげつのうた」として初登場したそうです。 さて、さっそく↓ ...
えだまめンズwiki!きみイロ・1歩2歩さんぽの歌詞と作者を紹介
Eテレ「おかあさんといっしょ」で流れる2つの曲、「きみイロ」と「1歩2歩さんぽ」。 どちらも可愛くてステキな良い曲ですよね。 2曲とも作詞作曲者は『えだまめンズ』という名前なのですが、その正体は謎に包まれています。 まずは...

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました